wpmaster のすべての投稿

ライブチャットでオナニー

ライブチャットでオナニー見せている女の子って何なのだろうね?恥ずかしくないのかな?
風俗やAVはわかるんだよ、仕事だから。ライブチャットでオナニー見せるのも仕事だろ?と言われるかもしれないけど、同じ股を開くんだったらそれこそ風俗やAVの方が稼げる。要は見返りが少なすぎるんじゃないか?と思うわけよ。少なくとも俺はチャットレディをやって貯めたお金で家を建てたとか会社を設立したなんて言う話は聞いたことないぞ。
風俗やAVよりもハードルが低いってこともあるだろうね。今ではスマホ一台あればどこからでもエロ発信できるし。カレシにエロ写メ送るような感覚でライブチャットでオナニー見せているんだとしたら、自分を安く見積もりすぎだよ、アホだなあと思うんだけど、まあ、俺もそんなアホな子の恩恵に浸っているわけだから余計なお世話だね。
ライブチャットでオナニーを見る
俺はお気に入りが3人いるな。某アイドルグループ風な物言いをすると俺の押し。レベルが高いんだよ。そのアイドルグループに紛れていてもそん色がないくらい。小学生の頃のクラスメイトに彼女たちみたいな女の子がいたら、ぜったいにリコーダーを舐めているレベルだ。こんなかわいい子がカメラの前でオナニーして見せてくれているんだから、とんでもない話だよね。それにしても、同じレベルなのに、片やファン相手に握手会、片やライブチャットでオナニー見せなんだから、女の子の運命の歯車も複雑だよね。
そんな押したちのオナ見せを、俺は、恥ずかしくないのかこの子たちは?と思いながらもおかずにしている。俺が彼女たちの父親だったら、絶対に泣いてしまうね。その一方でさ、俺を含めた大多数の男のズリネタとして多大な貢献をしてくれているのも事実。結局のところ、お金も入るし人の役にも立っているんだから、無職のニートでオナニーばかりしている俺に彼女たちを上から目線で見ることなんてできないよね。
俺のセンズリ配信でお金が稼げるんだったら、親に泣かれてもライブチャットデビューしちゃうんだけどなあ。無理か。ハロワ行こう。
女性のオナニー
オナニーの無修正動画

相互オナニー

僕は相互オナニーの経験はないが、セックスの前戯の一環としてはなくもないかな、とは考えていた。しかし「相互オナニーのみ」と言うのは何か違う。セックスも必要だろう?と思うが、そこは千差万別の性癖。自分の力で快感をコントロールできるオナニー至上主義者もいるのだろう。僕とは永遠に相容れない性癖ではあるが。
ところが、行きつけのバーで口説き落とした女の子がそれだったのだ。「相互オナニーだったらいいよ」なんて言ってきた。口説く相手を間違えた?とも思ったが、服の上からでもはっきりとわかるエロエロなボディーラインだけで既に勃起していた僕は欲望を止められなかった。それに、相互オナニーでお互いに高まってくれば、もう挿れられないと我慢できないわ!となるんじゃないかな?などと思っていた。
しかし、本当に相互オナニーだけだったのである。僕の前でするすると恥ずかしげもなくパンツを脱いだ彼女の、福島県産ロイヤルピーチを思わせるむっちりしたお尻は「ばっちこーい!」と言う感じで僕のチンコを誘っていた。しかし、彼女は股間をギンギンにさせている僕など意に介さないように、ベッドに座ると僕のチンコに目をやりながら指オナを始めた。そして「遠慮しなくていいよ」と僕にオナニーを勧めてきたのだ。
相互 オナニー
よくわからなかったが僕はとりあえずしごいた。ただ、彼女のロイヤルピーチに一番セックスアピールを感じていたので、後ろを向いてお尻を見せてくれと頼んだ。すると彼女は「私からアンタのが見えないじゃん」と笑いながらもバックの姿勢を取ってくれた。
ああ、このままズボッとやりたい!ともやもやしつつも僕は収まりきらない股間をしごきまくり、彼女も上手く上半身をひねって僕のオナニーを見ながら指でおっぱいと股間を刺激していた。
彼女がイッたのと僕がイッたのはほぼ同時だったと思う。その間、お互いの体には指一本触れなかった。しかし、ここからが本番である。今度こそズボっとしたるで!と僕が2回戦への気力を蓄えていると、彼女は一息ついた後にさっさとロイヤルピーチをパンツにしまって「あーすっきりした。ありがとう、じゃあね」と帰ってしまったのであった。
彼女が去った後、一人取り残された僕は呆然としながら、彼女の残り香に再び起立を始めた股間を収めるためにロンリーオナニーした。相互オナニーって何なのだろう?
ホ別3
ホ別3

セフレの作り方

クラブで踊るのが大好きです。男と遊ぶのも好き。1人で旅行に行くのも好き。そんな自由人な私は縛られることが大嫌いでした。最近出来た彼氏は、仕事の休みの日は毎回会いたがるし、仕事が終わった後は必ず電話が掛かってくるし、そのせいで私の1人の時間が減ってきたことに不満を感じました。そんな時にクラブで知り合ったタケちゃんにセフレの作り方を聞きました。
「セフレなら会いたいときに会えるし、束縛なんかしないよ。」と、言われて彼氏と別れてセフレでも作ろうかなと思いました。私がセフレの作り方を教えてとタケちゃん尋ねると、「教えてもいいけれど今、目の前にいる俺とセフレ関係にならない。」と、誘われました。
セフレ 作り方
タケちゃんにはよく彼氏の不満を話していたから束縛はしないと思うし、見た目も悪くないし、以前酔っていた時に俺のアソコは大きいから女性がすぐにイクよ。と、笑いながら話していたけれど私は凄く興味津々だったのでタケちゃんとセフレになりました。
すると、すぐにホテルに行こうと誘われクラブの近くにラブホがあったので行きました。行く最中に彼氏から電話がありましたが勿論出ませんでした。
そして、ホテルに着きタケちゃんが言ってた通りアソコは大きく何度もイッてしまいました。終わる頃、携帯を見ると彼氏からのLINEが沢山。私は別れよう。と、一言のだけ送り後は着信拒否をしました。その後、彼氏は番号を変えて私に連絡してきたりストーカぽい感じになりましたが全部無視。セフレという縛られない関係が最高だなと改めて思いました。
セフレ探し
セックスしたい

乳首イキ

 出会い系で釣り上げた女の子が、これまた全身歩く性器といったタイプでした。
年齢は19歳。
Dカップの凜花ちゃんとは、結構通話で盛り上がった女の子。
だけど、2回ほどドタキャンされた経験もありました。
しかし三度目の正直、待ち合わせすることに成功です。
凜花ちゃんは、隣町で生活をしているため、車でお迎えに行くことにしました。

 ぶっちゃけ、写メで見せてもらったけれど、そちらはイマイチな雰囲気。
でも目の前にいる凜花ちゃんは、結構な魅力を放っている女の子。
小柄で、とてもキュートでした。
「よろしくね!メチャクチャ可愛いね」
「こちらこそ、よろしくお願いします。そんなに褒めないでください」
「車に乗って、早速行こうぜ」
「はい」
目的はお互いにセックスでしたから、この辺の駆け引きは無用でした。

 ガチで、全身が性感帯と言えるタイプ。
ちょっと背中を触っただけで、メチャクチャな反応でした。
乳首イキがしたくて震えてた私をアクメに導いてくれた方と出会うまで
そこで乳首を責めてみたところ、乳首イキ寸前ではないかと思うほどの感度。
「私の体って、おかしいのかな?凄く感じまくっちゃって」
「乳首イキ経験とかも?」
「実は、あるんですよ。乳首だけで絶頂」
それ聞いて、乳首への刺激を再開。
その時の彼女の悶え苦しみ方がヤバイ。
まるでクリトリスに、強力なオモチャを利用して刺激を与えている時のよう。
たっぷりいじって行くと、ガチで乳首イキしていました。
激しく息を弾ませて、絶頂の後の余韻を楽しんでいる凜花ちゃんに、激しくそそられていきました。
乳首イキの後も、彼女の敏感な肉体は強烈な反応。
背中、わき腹、お尻、もちろんクリちゃん。
刺激をすればするほど、何度も絶頂を感じてしまう。
こってりとフェラをさせてやった後、ゴム無し挿入開始。
さすがにオマンコでも、強烈なアクメを感じてくれちゃって、何回も逝く!の絶叫状態。
思わず心の中で、お前はジャパネットの前社長かよ、なんて突っ込み入れてみたりして。
素晴らしい肉体の持ち主の女の子です。
一発だけにあらずでした。
結果、3回戦彼女とセックスして、3発射精してしまいました。
クリ舐め
乳首イキ