カテゴリー別アーカイブ: 慢心

相互オナニー

僕は相互オナニーの経験はないが、セックスの前戯の一環としてはなくもないかな、とは考えていた。しかし「相互オナニーのみ」と言うのは何か違う。セックスも必要だろう?と思うが、そこは千差万別の性癖。自分の力で快感をコントロールできるオナニー至上主義者もいるのだろう。僕とは永遠に相容れない性癖ではあるが。
ところが、行きつけのバーで口説き落とした女の子がそれだったのだ。「相互オナニーだったらいいよ」なんて言ってきた。口説く相手を間違えた?とも思ったが、服の上からでもはっきりとわかるエロエロなボディーラインだけで既に勃起していた僕は欲望を止められなかった。それに、相互オナニーでお互いに高まってくれば、もう挿れられないと我慢できないわ!となるんじゃないかな?などと思っていた。
しかし、本当に相互オナニーだけだったのである。僕の前でするすると恥ずかしげもなくパンツを脱いだ彼女の、福島県産ロイヤルピーチを思わせるむっちりしたお尻は「ばっちこーい!」と言う感じで僕のチンコを誘っていた。しかし、彼女は股間をギンギンにさせている僕など意に介さないように、ベッドに座ると僕のチンコに目をやりながら指オナを始めた。そして「遠慮しなくていいよ」と僕にオナニーを勧めてきたのだ。
相互 オナニー
よくわからなかったが僕はとりあえずしごいた。ただ、彼女のロイヤルピーチに一番セックスアピールを感じていたので、後ろを向いてお尻を見せてくれと頼んだ。すると彼女は「私からアンタのが見えないじゃん」と笑いながらもバックの姿勢を取ってくれた。
ああ、このままズボッとやりたい!ともやもやしつつも僕は収まりきらない股間をしごきまくり、彼女も上手く上半身をひねって僕のオナニーを見ながら指でおっぱいと股間を刺激していた。
彼女がイッたのと僕がイッたのはほぼ同時だったと思う。その間、お互いの体には指一本触れなかった。しかし、ここからが本番である。今度こそズボっとしたるで!と僕が2回戦への気力を蓄えていると、彼女は一息ついた後にさっさとロイヤルピーチをパンツにしまって「あーすっきりした。ありがとう、じゃあね」と帰ってしまったのであった。
彼女が去った後、一人取り残された僕は呆然としながら、彼女の残り香に再び起立を始めた股間を収めるためにロンリーオナニーした。相互オナニーって何なのだろう?
ホ別3
ホ別3

素人童貞

素人童貞ってそんなに卑下しなきゃいけないことなのかな、って。
確かに、俺、素人童貞なんだよ。素人っていうか、お金払わずにエッチしたことなくて。
それも仕方ないとは思ってるんだよね。決定的にモテないし、女性慣れしてないから、女の子と話す機会があっても、まともに会話続いたことないし。
最近やっとキャバクラでちょっと仲良くなった子がいて、その子とはちゃんと喋れるかなって程度までになった。
時間かけて慣れれば、ちゃんと話せるようになるんだから、これは努力次第で彼女もできるようになるって前向きに考えればいいんだろうけどさ。
キャバ嬢もある意味プロでしょ。こっちが金払うから付き合ってくれてるだけでしょ、俺が客じゃなかったら、このキャバ嬢だって俺に時間を割いてくれたりしないと思うんだよね。
セックス 素人
ここまで自分を卑下するのも、病的だと自分でも思うんだけどさ。
なんとか、素人童貞卒業したいと思っても、こんな奥手で、女の子とまともに話せないのに、どうやって口説くの?どうやってベッドに連れ込むの?
何度シュミレーションしても無理で。
自分みたいなタイプの男、どうやって彼女作ったり、結婚したりしてるのかなーって心配になることがある。
というか、確かに素人童貞ってだけで、差別されてるわけじゃないからね、俺の場合。
性格の問題だと思うから。もっと明るい性格に生まれついてたらよかったなって今さら思うよ。
というか、自分を変える勇気もない人間に彼女なんてできるわけないって分かってるんだよね。
素人童貞だからってうじうじしてる方が性に合ってる・笑
神待ちアプリ
パパ活